手術後  2日目
2017 / 02 / 04 ( Sat )


少しずつ元気になって 動くようになって

食べるのも 量が増えてきて 

日に日に元気になって行っているのがわかります


野菜が美味しいからかもしれないのですが

あっ、そういえば 牧草もあまり好きではなかったのですが

今は ぽそぽそ食べています

未だペレットは ほとんど食べないです


でもね~お水を飲まないんです

これって生野菜を食べているからかな~?

水の飲み方を忘れたのかな???

それと 只今エリザベスカラーと格闘中で

あまりにも ストレスを感じていて

昨日のお昼まではエリザベスカラーなんか 

気になってるそぶりもなかったのに

お昼からは気になって来て 

手で押し上げて取ってしまう回数も増えました

P2050112.jpg

お腹の傷を噛んではいけないので

気付いたら その都度 付けるのですが

Rinは諦めてくれないので どこかのブログで見た手段に。


P2040104.jpg


ジャジャーーーーン!!

P2040102.jpg

伸びるシャツを切って お腹を覆って 背中でくくってみましたが

やはり 肩から首のずれ防止のくくり方が嫌なのかこんな調子です

仕方がないので 肩から首の結び目をほどき 背中だけにしましたが

体中の毛も抜いてしまうので 残念ながら却下!


エリザベスカラーに戻しましたが 相変わらず戦っています

気になるって事は 元気になってるって証拠だと。(´∀`σ)σ



術後2日目の夜の写真です

P2040099.jpg クリックで大きくなります、無理しないでね

お腹、へこんでる~

22 : 16 : 45 | 病院(診察) | コメント(0) | page top↑
手術後 1日目
2017 / 02 / 03 ( Fri )
朝起きて 食べてるかな~?と
P2030071.jpg

食べてる~~~¥^^



帰って来てからも小松菜と三つ葉は何本か食べた。

病院で栄養補液を注入してもらっていたので

昨夜は 食べる事は気にせず Rinの傍でこたつ寝をしました。


続いて 尿の出具合は?
P2030065.jpg

昨夜から トイレでは出来ないだろうと ペットシートとマットで対処

夜中にも 何回か ちゃんと出ていた


今日は朝から am9:30  pm12:30  pm6:17 オチッコしています

その後も 何回かしてた

マットでも濡れている所もあり  順調~

血が混じってる感じもないみたい。


●は 未だ数も少ないし 盲腸便もしていないみたい

食べるのも 乾燥リンゴ 乾燥くずの葉2枚

生の三つ葉  小松菜の葉っぱの部分を何枚か

最初から 食べる方も良い感じ

水も何回か 小さなシリンジで飲む


帰って来てから痛いのか ケージの端で ほとんどじっとしている

痛み止めって出なかったな~

抗生物質だけだから ・・・。 w( ̄o ̄)w コワイ

日に一回だけなのに 抗生物質の1、0mlを飲ませるのに苦労しています

でも、お昼頃から ほんの少しだけど動くようになり

夕方からは 少し体も伸ばして座るようになる

●の形も 小さく歪だけど 出るようになってきた。

P2030083.jpg

P2030092.jpg
盲腸便かな?


P2030093.jpg クリックで大きくなります、無理しないでね

傷も昨日より綺麗にまっすぐに縫ってくれているのがわかる

明日はもっと元気にな~~~れ!



下書きの状態のままで 確認しないでいたのでアップされてない事に気付かず

手術した翌日からの記事を まとめてアップする事になってしまいました

相変わらず 雑な性格は今年になってからも一緒です (。pω-。)




23 : 33 : 42 | 病院(診察) | コメント(0) | page top↑
手術当日の記録
2017 / 02 / 03 ( Fri )
2月2日 


前日から 心臓に毛の生えた娘もRinのいるリビングでこたつ寝。

私は、何だか心配で ずっとRinを撫で撫でして寝れなかった (´;ω;`)

仕方ないですよね 



森の仲間は、事故しても困るからと休んでくれて 皆で出陣しました

am9:00 病院に着く

あ~~~~~~ぁ、来ちゃったよ~~( ノД`)

でも、決めたんだから 頑張ってもらわねば・・・。

IMG_2151.jpg

さっぱり 何されるかもわからず でも 何となく怖がっている



すぐに診察室に案内され 簡単な一日の流れの説明がありました

あれもこれも聞かないといけないのに こんな時はさっぱりな私です



とにかく 大きいので簡単ではないと言うことと

ウサギさんは麻酔の事もあるし 弱い動物だからと念押し

なかなか 元々弱いウサギさんを診てくれ病院が少ない中

更に手術なんて 見せないけど 先生も自信ないだろうな~

Rin、4月で2歳になるから  かなり脂肪が付いてるみたいやしな~

2,4kg ←大きくなったわぁ~

ソアホックも ついでに診てもらったんだけど

かなり のけ反って キックしまくってた \(//∇//)\元気~~~



病院に残ったRinは血液検査を受け

その後 診察して 手術できるか判断してから

落ち着くのを待って お昼頃から手術になります


心臓に毛の生えた娘と森の仲間と鬼は 

もしかして 手術できず 連れ帰らないといけないかもしれないので

近くで モーニング。

こんな時も スペシャルなモーニングを食べようとする娘。

看護師って きっと 親の時でも バクバク肉を食うんだろうな~

やばい!荒々しい言葉がいっぱい!! w(゚o゚)w


待つって苦手だ!!

何かしてないと 落ち着かないね~

何かしてても アカンorz


一回 やっぱり日帰りの手術で入院しないから 準備をしておこうと帰宅。

エリザベスカラーで暮さないといけないから

あまり要らないのもは出して トイレも決まった所では無理っぽいな~

普段でも無理やもんな~(笑)


あーだこーだ言ってたら 4時になった

そろそろ迎えに行こう!!

病院から 電話は一度もなかったので 

無事に終わったみたいで ちょっと安心。


でもな~、検査した時も これからしますとか

終わったら 無事に終わりましたとか 

様子とか知らせてほしいわぁ ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

いやいや、ちゃんと手術してくれたらええねん!


5時過ぎに到着~

案内され 中に入ると  Rinおった~~~

何か 大人しいぞ!!大丈夫か???



IPhon7に買い替えたばかりの娘が 写真係

お腹の傷チェック

IMG_2167.jpg クリックで大きくなります 無理しないでね

友達のワンちゃんが手術してもらった病院なんですが

ここで手術してもらおうかと思ってるんだと話すと

確かに綺麗に縫ってくれてると言ってた

ほんとに綺麗だ!



子宮から卵巣です

IMG_2166.jpg クリックで大きくなります 無理しないでね


猫のを見せてもらったのですが Rinのは5倍くらい大きく見えました

人間にしたら 今一番 発達してる場所だから 大きかったです

目が点ってこの事を言うんだ~って思ったくらいです


2週間、エリザベスカラーを付けての生活

LENの時、 狂ったようにケージに当たりまくってたな~(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

Rinのエリザベスカラーはフェルトみたいな生地のだから どうかな?? 


抗生物質を処方してもらい 検査結果ももらった

腕の血管確保の針を抜かれ替わりに 針の刺さっていた所にテープを巻かれ

2時間後に取ってあげてくださいと説明を受け終了しました


ご飯が食べられなかった場合の事を考えて

右肩に 少しずつ体に吸収される液も注入されているみたいです


まぁ人間と同じ感じの処置だったみたいで 娘から説明を受け

難しいことは さっぱりわからない母なのでした

IMG_2169.jpg

IMG_2170.jpg

お疲れのRin

本当に怖かっただろうな~

手術の費用は 三万円で 検査やプラス料金も足されて 結構な金額になりました


さぁ、Rin 帰ろう!!

長い一日でした




20 : 13 : 00 | 病院(診察) | コメント(2) | page top↑
無事に帰ってきました
2017 / 02 / 02 ( Thu )
手術が 無事に終わりました

今は ぐったりとしていますが 

少しずつ元気になって行ってくれると思います

P2020062.jpg

フェルトっぽいエリザベスカラーで 傷に触れないようにしています

この付け方は間違ってるけど しばらくこれで過ごして様子見します。


帰ってきてからバナナを少しと 小松菜を何本か食べました


Rin、頑張ったね!  

明日から しばらく記録しておかなくては・・・。

ブログを書くキッカケになった¥^^




心配してくださったウサ友の皆さん、ありがとうございました

22 : 34 : 05 | 病院(診察) | コメント(2) | page top↑
LEN 続き
2014 / 04 / 12 ( Sat )
4月9日は LENを病院に預けて 全身麻酔をして 口の中を診察してもらう日。

なのに len-hahaは 西国33ヶ所巡礼の予約してした日です。

家におっても イライラして 俺にあたるだけやろ?!

ご飯もシリンジで食べていたし お水もゴクゴク飲んでいるし

まぁ 全身麻酔が心配やろけど 預けてしまうんやから どうにもでん

うん まぁ わかったと行く事にした

緊張しながらの 一日  

LENの回復を 一生懸命 お願いしました



夕方 帰って来たら LENが居ました

生きて帰ってきてくれて 安心しました 


血液検査をしましたが そんなに原因になるような問題も無く

口の中も 歯茎があたっていたり 化膿している所も無く

少し歯を 削っただけで 終わったらしいです

相変わらずの原因はわからずの状態は続きます



ずっと 考えています


自分の中で 最初は 何か ペレットを食べるのが減ったな~

ウンチも少ないな~? どうしたんやろ?? その程度でした

あまり食べない事が ウンチを出す事が出来ない 出てもいびつな形で 

食べて出すのサイクルが狂ってしまい 

それが 続くと 内臓が退化するなんて知らなかった



病院に行って ウサギの食べなくなるのは 歯が原因か

お腹に何かが詰まっているかが 大半の理由ですと

口の中を見たら 歯のかみ合わせが悪く 歯茎に歯の痕が 少し付いています

牧草を食べない仔に良くありますから

そこを 削って あたらないようにしましょう

ハイ、お願いします と簡単に終わる事だと思っていた


でも LENより もっと咬み合わせが悪い仔でも

バクバク 牧草やペレットを食べていると 森の仲間に先生が言われたと聞いて

ハッとなった


あぁ~~ これくらいの事で 全身麻酔して 歯を2回も削って

少し悪くても LENは自分の噛み方で 生きてきたのに 削られてしまって 

ずっと 大きな音の歯軋りを続けないといけない羽目になってしまった



飼い主の無知さで LENに 原因がわからないからと病院に通い 

診察 検査  麻酔など 何度もストレスを抱えさせる事になり

家でも 抱っこも苦手なのに ご飯の度に 抱っこされ

別に 左足のハゲの病気もあったので

お尻の筋肉も減ってしまい お尻を上げて出来なくて

おしっこが 脚を伝ってしまうので 敷物を替えたり

おしりや 脚を洗わなきゃと 連れて行き 

この行為も ストレスに感じていたんだと思います


今では 近づいただけでも 怖がって逃げてしまいます

病院選びを間違えたのでは無く 飼い主の私が 間違っていたのです


昨日から シリンジでのペレットを 少ししか食べなくなりました

今日は 野菜を朝に少しは食べましたが 

夕方からは 何も食べなくなりました


お水は 2回目の歯を削られるまでは ケージに付けた給水器で飲んでいましたが

昨日は 飲まないので シリンジで飲ませたのですが

今日は それも飲まなくなり  小皿に入れて飲ませようと近づけると

手を付けて そのお水を なめたり 

口を近づけて水面に当たった分だけをなめています

手をなめてくれますが お水を飲むのと同じように力がありません



今は 原因を探す事より ストレスを取ることを考えて

なるべく そっとしてあげないといけないですが

食べない日々が続くと その先を考えると怖くて怖くて・・・




文章が バラバラで すみません

読み返して 細かい所まで直してアップしないといけないのですが

今回は このままアップさせてください

飼い主 失格で つらいです orz





にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
いつもお付き合いありがとうございます
22 : 40 : 16 | 病院(診察) | コメント(8) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ